評価されている支援制度

看護師 疲労などによってうつ病になってしまった時は障害年金を使うと、収入を得られるので治療に専念できます。障害年金は安定した収入を得られるので便利ですが、制度を利用するための条件もあるので確認しておかなければいけません。

詳しく見る

心の病気で受け取れる年金

カウンセリング 知名度の低さから障害年金の存在を後から知ることもありますが、遡及請求が可能なので、後日でも請求すれば過去の分を受け取れます。家族の扶養になっている人が、うつ病で障害年金を受給した場合、収入次第では扶養から除外されるのがデメリットです。

詳しく見る

精神的病でも年金が出る

病院外観 うつ病になると障害年金が支給され、その金額は年額78万円以上もらえることがあるなど大きいです。子どもや配偶者がいれば等級や年金の種類によってさらに加算されることがあるので忘れずに申請しておきましょう。

詳しく見る

請求に必要な知識を

悩む子供 うつ病は、障害年金受給の対象となる精神疾患です。日常や社会活にどれぐらい障害がでているかで等級が決定します。申請書類は多岐にわたり、年金事務所で配布される所定用紙に記入することになります。難しい場合は、医師や社労士に相談することも大事です。

詳しく見る

請求は年金事務所で

悩む成人女性 うつ病で障害年金を請求するときは、障害認定日まで遡る障害認定請求と遡らない事後重症請求のいずれかを選びます。請求は自分で行えますが、年金事務所へ度々足を運ばなければいけないので、社労士に代行してもらうのも一案です。

詳しく見る

注意点や不支給のケース

うつ

不認定になる可能性もある

精神障害も障害年金の受給対象となり、うつ病も含まれます。しかし、重症のうつ病が対象で、軽症の場合で受給できる可能性は低いです。受給資格の基本は、初診日要件と保険料納付要件を満たしていることです。初診日要件とはうつ病で医療機関を訪れた初診日が年金保険の被保険者期間中であることを指します。一方、保険料納付要件とは初診日の前日において初診日を含む月の前々月まで、3分の2以上の保険料納付済み期間があることです。また、直近1年間に滞納した期間がある場合は対象外となります。障害年金の申請書は記入漏れやミス、添付書類不足などに注意してください。受診状況等証明書と診断書は医師に作成してもらい、病歴・就労状況等申立書と障害給付裁定請求書は自分で記入します。病歴・就労状況等申立書は診断書と合わせて重要な書類で、この内容は障害等級の査定材料となります。うつ病によって生活能力や労働能力が著しく落ちていることを証明できなければ、認定されるのは難しいかもしれません。
障害年金は国民年金だけ1級と2級のみで、それ以外の年金制度は3級まであります。簡単に言うと、労働に制限が出るうつ病は3級に該当し、日常生活に著しい制限が出るうつ病は2級に該当します。審査基準に満たないと判断され、障害年金の申請が通らないケースは珍しくありません。年々認定が難しくなっていると感じる社労士もいます。例えば、3級の労働に制限が出るという審査基準は医師の診断が重要なポイントになりますが、傍から見ても仕事に支障が出るくらいの症状かどうかを診断するのは容易ではありません。また、医師は障害年金の制度に詳しくなく、審査に受かるような内容にして診断書を書いてくれるわけではありません。患者や周りの家族が日常生活で困っていることを医師にしっかりと伝えて、正確な診断書を作成してもらうのが大切です。さらに、初診日が証明できずに不支給になる人も少なくありません。初診日が何年も前だったり、何度か転院していたりする場合は、初診日がわからなくなることがあるので注意が必要です。

Copyright© 2019 申請に通るように完璧な書類作成を目指そう All Rights Reserved.