請求に必要な知識を

悩む子供

必要な書類や等級を把握

障害年金の請求には、年金請求書と診断書、受診状況など説明書が必要です。加えて、病歴・就労状況等証明書の提出もしなければなりません。受診状況等の証明書が添付できない場合は、その理由書の提出が必須です。これらの書類は、年金事務所でもらうことができるので、その書類に医師や自分が記入することになります。また、基礎年金番号通知書も必要です。さらに、状況に応じて加給年金対象者の戸籍謄本や住民票、非課税証明書の提出や精神障害保健福祉手帳の写しなどが必要になるケースもあります。その他、老齢年金などの年金証明書の写しなどもあります。いずれにしても、時間の経過とともに状態が悪くなったり、申請が遅れたりすると、自分だけで手続きをしていくのは、困難です。もちろん、重度のうつ病であれば、その気力すらわいてこないため、症状が落ち着いてからでも十分です。しかし、病状がこれ以上重くならないよう、まずは、障害認定日に該当する1年6か月を経過した時点で、うつ病の主治医に相談をすることが大事になります。また、依頼をしなくても、社労士に障害年金に関して相談するなど、自ら行動してみることも大切になります。
うつ病も障害年金の対象となる病気であり、障害年金を申請する上で、大切なのは、初診日がいつか、初診日前日の時点で年金保険料に未納はないか、障害等級に該当しているかの3点です。このうち、障害等級に該当しているかどうかは、国が障害認定基準を定めています。しかし、うつ病のような精神疾患の場合、数値であらわすことができないため、抽象的な基準となっているのが現状です。目安として、障害基礎年金および障害厚生年金1級の認定基準は、日常生活が不能なほど重症な程度となります。また、2級は、必ずしも他人の助けを借りる必要はないものの、日常生活のほとんどが著しく制限を受けている状態の人です。そして、障害厚生年金3級は、会社などで働いたり、専業主婦であれば家事に制限を受けたりする程度になります。うつ病は、うつ状態を含む双極性障害などともに感情障害に分類されています。認定基準は、インターネットでも公開されていますので、精神疾患の認定基準のうち、感情障害の項目について確認することになります。

Copyright© 2019 申請に通るように完璧な書類作成を目指そう All Rights Reserved.